かわいいパートナーを愛する心を世界にも向けよう 「アニマルイタコ峰ハチヨのHP」 「放置された500頭の犬たち」をクリック                                                         かわいいワンコを社会の一員として育てる飼い主の意識向上に賛同しています。                                             かわいい人と動物がお互いを尊重しあって暮らせるような、高齢者にも障害者にも動物にもやさしいコミュニティづくりに賛同しています。                             

2006年02月11日

不思議な老犬と老犬介護

散歩中の犬.JPG
メルボルンに行ってました。

仕事上の視察です。

モコはいつものTさん宅。
喜んで行っちゃうから、ちょっと気分は複雑だけど、Tさんやお姉ちゃん達と遊べるから、安心してお任せできます。
忘れないように、お礼のお土産を買って帰らなくちゃね。


メルボルン市内のどこでも散歩中のワンコに出会いました。

公園に行くと、ほとんどが、2頭以上の多頭飼いの方々のお散歩でしたね。しかも、大型犬ばっかり!!!


写真は、なんだかわからない不思議なワンコ。
タクシーの中から見つけたので、慌ててカメラを取り出しカメラ
ちょっと遅かったか、後姿になってしまった。


オーナーさんもお年を召していますが、当のワンちゃんも老犬みたいでした。
色も不思議な色のパーティで、加齢と共にカラーも変化した感じ。

ホネ 犬(足) ホネ 犬(足) ホネ 犬(足) ホネ 犬(足) ホネ 犬(足)

今日はNHKテレビでも、老犬介護の特集番組があって、夫と一緒に食い入るように見入ってしまいました。

モコとnanaが病気になっても、老衰しても、ちゃんと介護しようねと、二人で話し合いました。

というか、夫には、

「僕は君の介護をする覚悟もしなくちゃいけないと思っているけどね」って言われてしまいました。


あ、私、自分の健康管理をちゃんとしなくちゃ。。。


と、また、反省。

ニックネーム はなみずき at 22:56| Comment(13) | はなみずきのwan日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
海外に行かれてたんですね。
お帰りなさい&お疲れ様です!
老犬介護、まだ真剣に考えた事はないのですが、
いつか我が子もそんな時が来るんですもんね。
ちゃんと考えておかなくちゃ!!
きっかけをくれてありがとうございます。
でも、うちのパパも同じ事を言いそうだわ(* ̄m ̄)プッ
Posted by るぱんママ at 2006年02月12日 00:35
はい、夫はいつも「自分の健康、気をつけてくれよ」って言います。私が年上なので、自然の成り行きで言うと、私の方が早く老いるので。。
気をつけなくちゃ。
Posted by はなみずき at 2006年02月13日 08:57
メルボルンに行かれていたのですね。
やはり海外はお家も広いところが多いし、
大型犬を飼っている方たちが多いのですね。
大型犬ってやっぱり憧れですねぇ。
一戸建てで庭があったらスタンプーを飼ってみたいです。
人間も犬も長寿になって介護が必要になってきていますね。
出来るだけ人に頼ることがないように、
健康管理はしっかりしていきたいですね。
Kitriにもいつまでも元気でいてもらえるように、
私たちが健康管理していかなくてはと思います。
Posted by Yukie at 2006年02月13日 13:33
写真の犬なんですけど、正解かどうかは解らないですが・・・
イングリッシュシープドックに似てますけど、
ベアテッドコリーのような気がしますが・・・
はずれてたらスミマセン
Posted by コマサコ at 2006年02月13日 16:08
おかえりなさ〜い!
老犬介護の番組うちの父と母が見ていたみたいで、少し話を聞きました。
人もワンコも老いはやってくるので、ある程度の覚悟は必要かもですね。
なにより健康が一番!ですね。
Posted by JAMママ at 2006年02月13日 17:50
■Yukieさん
スタンダードプードルが、私がトイプードルならと思ったきっかけでもあります。もう1つの理由は、夫の喘息でしたけど。

■コマサコさん
ホワイトとグレーが奇妙な具合で混ざり合ったブチだったんですよ〜。ベアテッドコリーね、見てみます。

■JAMママさん
そうそう、NHKの特集でしたよ。
涙無しには見れない番組でした。
我が家では老犬介護の本も購入してます。
Posted by はなみずき at 2006年02月13日 18:59
はなみずきさんお疲れ様ですー。
やっぱり、どこに行っていも、ついつい目に飛び込んでくるのがワンちゃんですねー。
別に探してるわけじゃないのに、ワンちゃんが目に入ってきちゃうんですねー。
モコちゃんが喜んで、よそのお宅でお留守番してると思うと、安心ですよね。
だけど、モコちゃんもキット早く会いたがってますよねー。
お互いに癒し癒される仲〜。

Posted by at 2006年02月13日 20:58
■柊さん
そうなんですよ〜。どこに行っても、ワンコが目に付く〜〜。けどね、ワンコも増えていると思うんですよ。絶対にマチガイナイ!
Posted by はなみずき at 2006年02月13日 21:51
NHKの老犬のTV見ましたよ!
私のプログにも書きました。
今のワンコは、長生き出来るので幸せです。
逗子の話でしたが、自分の故郷でそこで3匹ほど子供の頃ワンコを飼いましたが、10年も長生きするワンコは居ませんでした。
Posted by tackのパパ at 2006年02月14日 21:14
■tackのパパさん
ご覧になりましたか〜。
涙無しには見れない番組でしたよね。
弟が獣医をしているのですが、彼によると、昔はワンコの身体のことがよく知られていなかったけれど、獣医学の進歩した現代では、医学だけでなく、ワンコが食べてはいけないものとか、いろんなことがわかってきて、長生きになったのだそうです。
人間も同じだけど、長生きが必ずしも幸せとはいえないのだけれど、あの番組のワンコは間違いなく幸せでしたよね。
うちのモコも、うちの家族で幸せだったと思って欲しいです。
Posted by はなみずき at 2006年02月14日 21:24
こんばんは〜〜
そしておかえりなさ〜い・・
私はその番組をチェックしそびれて〜〜
みれませんでした〜
でも・・2年前は介護の真っ只中でした〜〜
あれでよかったのか・・??
今でも後悔の気持ちでいっぱいですよ〜〜
2匹・・連続でしたからねぇ〜〜
17歳・・と18歳でした!
Posted by マミ− at 2006年02月14日 21:42
今や、動物も長寿の時代ですものね。
私も時々思うの。
ご老人が老犬連れてる姿を見て・・・
「あ〜、このワンちゃんはこのおじいちゃんと一緒に年を取ってるんだな」って。
若い人が連れてる犬ってほとんどその犬も若くて元気な子が多いけど、お年寄りが連れてる犬は歩き方もその人に合わせているのかのんびりしてる子が多いですよね。
でも、そんな姿になれるまで一緒にいられて人間も犬も幸せでしょうね。

私も空と陽がどんな姿になっても最後までしっかりと看て上げたいです。
って、もしかしてその前に私が看られてるのかしら?ふふ
Posted by みんこ at 2006年02月14日 22:14
■マミーさん
17歳と18歳なんて、すごい長寿でしたね。
なにをどうしてあげても、彼らはモノを言わないから、「あれでよかったのか」という後悔はつきものなのでしょうね。そういう飼い主に看取ってもらえて、むしろ、お宅のワンコは幸せだったのではないでしょうか。

■みんこ
そうそう、私もモコやnanaの方が長生きしそうで(苦笑)。
なんとかしないと。。。
Posted by はなみずき at 2006年02月15日 05:58