かわいいパートナーを愛する心を世界にも向けよう 「アニマルイタコ峰ハチヨのHP」 「放置された500頭の犬たち」をクリック                                                         かわいいワンコを社会の一員として育てる飼い主の意識向上に賛同しています。                                             かわいい人と動物がお互いを尊重しあって暮らせるような、高齢者にも障害者にも動物にもやさしいコミュニティづくりに賛同しています。                             

2006年06月13日

NHK土曜ドラマ『運命の犬〜ディロン』を見ました!

NHK土曜ドラマ.JPG
マロンママさんのおかげで、
ずっと見たかった『運命の犬〜ディロン』(NHK土曜ドラマ)を見ることができました。

第1回と第2回を見損ねた私のために

DVDを送ってくださったのです。

体調と相談しながら、何回も見てしまいました。

私、ワールドカップは見ないのにね顔(イヒヒ)


このドラマを見ながら、なんか、自分のmocoとの生活を思っちゃいました〜Hello


改めて、犬犬(笑)と人のつながりってすごいよね。


このドラマは実話に基づいています。

私は、この主人公のモデルとなった方が参加されている動物の訪問ボランティアを開始した人のドキュメンタリーを見たことがありました。ゴールデンを7頭とニューファンドランドを2頭と小型犬を飼っておられる女性でした。
そして、ご主人は寝たきりで、その介護もなさっている女性で、渡辺さんという愛知県の方。


犬(笑) 犬(足) 犬(笑) 犬(足) 犬(笑) 犬(足)


樋口可南子さん演じる主人公の女性は、ご自身も心に哀しみや辛さを抱えつつ日々を生きている中でも、なんだかすご〜く素直で純粋なんだな〜と感じたし、

それをそっくり引き出してくれたのがディロンだったんだな〜。

って、なんかそんな風に感じました。


大杉漣さん演じるご主人が「結婚して何年にもなるのに、オレ、君の事、ちゃんとわかってはいなかった見たいだな」ってつぶやくシーンも、なんかジーンと来ちゃった。

ディロンが家に来てからの、主人公とディロンを通して出会う人たち一人ひとりとのエピソードは、どんなに平凡で幸せそうに見えても、一人ひとりの人が、何かしら真剣に心に大切にしまっているものがあって、人には見せない涙があり、何かに向き合って生きているってことも、とても丁寧に描いている。

どんなちっぽけなものにもどんな人にも、大切な大切な命があり
1つ1つの命が、何よりもかけがえのないものだということ
人にも犬にも心や感情があって、それがとても大切だということ

そういうことが、言葉なく伝わってくるドラマ。

樋口可南子さんのナレーションが、
ゆっくりなペースで
しかも言葉が途中で止まるのです。

それが、観ている者にいろいろ次の台詞というかナレーションの文章を考えさせるのです。
すごい、技!!!


−−−−−−−

生きていくって、そんなにカンタンじゃない

社会的な存在であり続けることって、とても難しい

そして、家庭を営み続けることって、人間関係を良好に維持し続けることって、本当に大変な壮大なことなんだけど、平凡の一文字で片付けられちゃうことがほとんど。


大杉漣さん演じるご主人、すごくいい味出してるよね〜。


この番組のおかげで、改めて、今月から施行された動物愛護法(名称はこれでよかった?)についても考えさせられました。


私はmocoとnanaを飼う時、病気になったときのことや老犬になって介護するときの覚悟や、自分が病気で飼えなくなったときのことまできちんと考えて決断して引き取ったつもりですが、

再度、人間の勝手な飼い方やにわか動物愛護に留まらない、真剣な姿勢を持ちたいと、改めて思いました。


DVDを送ってくださった
マロンママさん、本当にありがとうございました。


今週末も見なくちゃ!


皆さんも、見ましょうねぇ!!!


土曜日の夜9時から、NHK総合の『土曜ドラマ』の枠です。


【追記】
NHKのHPで、あらすじの確認ができます。
http://www.nhk.or.jp/dodra/

このURLを、アドレスバーに貼り付けてみてね。




ニックネーム はなみずき at 16:59| Comment(10) | はなみずきのwan日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわぁ、とっても素敵なドラマですね。
途中からでも観たくなっちゃう説明をありがとうございました。見てみます〜。
Posted by 黒母 at 2006年06月13日 21:06
なんと!イギリスのうちでつけてる「JSTV」でも土曜の昼にあってます。第1回目を見て、2話目を見そこねてます。1話目もすごくひきつけられて、次回も見たい!って思った番組でした。一人で見ててなぜかいろんな気持ちがあふれて、そして飼っていたメル(ハスキーです)を思い出し、涙が止まりませんでした。2話目のあらすじ読んでみます。
Posted by miho at 2006年06月14日 06:13
**黒母さんへ**
ぜひ見てくださいね〜♪


**mihoちゃんへ**
イギリスでトイプードルでも飼ったら?
そっちは日本国内より安いよ!!!
お店とかにも連れていけるし、躾教室もあるよ。
っていうか、イングリッシュコッカースパニエルとか、イングリッシュセッターとかも本場でいいかもしれない。
それに、実は、そっちの家庭犬としてスタンダードプードルが多いよ!特にブラック!!! 見て見て!!! 刈り方がなんかテディカットよりダサく見える丸刈りで、私なんか『ラブラドール?』って思っちゃったことが何回もあるよ。
Posted by はなみずき at 2006年06月14日 06:35
あら、恥ずかしい(笑)
このドラマ、本当にいいですね。
久しぶりに本気でじっくり見ています。
ここ何週か野球などで押されたりして放送が不規則ですが、今度の土曜はあるみたいですね♪
犬の番組ってかわいいかわいいっていうのばっかりが多いですが、これは数少ない犬と人間の触れあいを描いているし、なかなか目を向けられない保護にもスポットを当ててるところが非常に好きです。
とても意味がある番組ですよね。
Posted by マロンママ at 2006年06月14日 18:39
はなみずきさん、おはようございます。
リニューアルした私のHPへ訪問して下さって有難うございます。
私、このドラマ知りませんでした。是非見てみよう! ワンコものって、号泣してしまうので弱いんです。でも、コレ見てみたい♪
ところで、はなみずきさんのブログもリンクさせてもらっていいですか?
Posted by オードリーママ at 2006年06月15日 10:33
コメントを御無沙汰してしまってごめんなさい(≧≦)
読み逃げさせていただいてました〜(^▽^;)

ドラマ、ずっと録画しているんですが、
まだ見てないんですよ〜。
文庫も買ったので、どっちを先に見ようか考え中デス。
「泣かせよう」系のフィクションは好きじゃないのですが、
こういうノンフィクションは大好きです♪
Posted by メイド at 2006年06月15日 11:49
ご無沙汰しています。
はなみずきさん、体調はいかがですか?
倒れてしまったなんて、ビックリしましたがブログを更新されてるってことは少しずつ回復されてるってことですよね?
でも、無理なさらないで下さいね!!

このドラマ、気になってたのに見てなくて。
早速HPから見てみます。
Posted by るぱんママ at 2006年06月15日 18:59
こんな素敵なドラマ、あったんですね!!
早速NHKのHPに行き、あらすじを読んできました。
土曜日の9時ですね!!次回は絶対見なきゃ☆
Posted by テキ at 2006年06月15日 22:49
こんにちは。お久しぶりです。
このドラマのモデルになった方、実は知り合いで、ディロンとも会ったことがあります。
ワタナベというお名前ではないので(ん?どっちかが旧姓かな?)違うのかなー?
彼女の同居犬達も今は数が半分くらいに減りましたが、今でもゴールデン、バーニーズ達の面倒を見ています。ディロンもまだ元気らしい。
お話は良くも悪くも「ドラマ〜♪」になっていてちょっと事情を知っている私は時々苦笑いしていますけどね。(笑)
ドラマのエンディングのテロップでバックに写る犬達、第2回目の時に写った赤毛のトイプードル(実際はすごくデカイ。ミニをも凌ぐかという大きさ/笑)私が話を聞いて引き取って、その後知り合いのところにいった「赤毛猿のドナっち」です。
彼女の凄さは、これからきっと出てきますが、訪問活動以上に保護活動です。
頭が下がります、ほんとに。
Posted by 羽生 at 2006年06月16日 17:27
**皆さんへ**
いつもコメントありがとうございます。
私自身は、少しずつよくなってきております。かなり順調です。
更新は気晴らしのためにやっております。
また、更新しますので、今後ともよろしくお願いします。


**羽生さんへ**
まぁ、羽生さんの書き込みは、始めていただいたと思います。感激です。

『赤毛猿のドナッち』さんの写真は羽生さんのブログで見て覚えています。あの子だったんですね〜〜。とてもきれいにトリミングされて、可愛い表情で写ってましたね!!!

渡辺さんという方とこの主人公の方は違う人物だと思います。渡辺さんという方は、学校や施設のボランティアを開始した方で、この主人公の方はその学校訪問ボランティアに後日参加された方と伺っています。

あるいは、同じ愛知県でもまったく別の地域なのかもしれませんが。

また、あるいは、渡辺さんという名前が、私の勘違いなのかもしれません。

どっちにしても、今後、さらに楽しみ〜、です。今後も見ます!!!
Posted by はなみずき at 2006年06月17日 00:43