かわいいパートナーを愛する心を世界にも向けよう 「アニマルイタコ峰ハチヨのHP」 「放置された500頭の犬たち」をクリック                                                         かわいいワンコを社会の一員として育てる飼い主の意識向上に賛同しています。                                             かわいい人と動物がお互いを尊重しあって暮らせるような、高齢者にも障害者にも動物にもやさしいコミュニティづくりに賛同しています。                             

2006年10月11日

蘭ちゃんの少食対策&涙やけ対策

蘭ちゃんは少食すぎて、食べさせるのがとても大変でした。
生後4ヶ月になっても860gしかなくて、食べない日が続くと低血糖になって入院を繰り返していました。
小さな身体で本当に可哀想でした。

我が家に来て、moco姉ちゃんから良い刺激を受けるとよいのではないかと、あるプロの方からご指導を頂き、試験的にお預かりしてみることになりました。

そういう事情でしたから、蘭ちゃんの食べ物には結構気を使いました。

自然食ドライフードをふやかして、
鹿肉・馬肉・鶏ササミの茹でたものをほぐして、日替わりで混ぜます。
時には、ワンコ用の自然食ふりかけを、ホンのひとつまみふりかけて、香りをかえたりしました。

ワンコはもともと雑食で、雑食であることがDNAに刻み込まれていますから、
時には匂いで、目先や気分を変えてあげることも効果があるのです。

プードルを飼っているお友達の中で、「フードに飽きる」とお悩みの方がすごく多いのですが、香りや内容物で目先を変えてあげるのは大切なことです。ただ、ムラ食いをする習慣をつけてもいけないので、その点も配慮した与え方が大切のようです。

mocoもぜんぜん食べない子でした。
今でも、今の蘭ちゃんより食べる量が少ない日が多いです。
mocoの場合は、気持ちが重要でした。
なんといっても、mocoが「今日もアタシは愛された」と満足した日は、
ちゃんと食べていました。
アイコンタクトをたくさんできた日も食べていました。
でも、なかなかかまってあげられなかったら、食べない日がありました。
mocoの場合は気持ちが左右したようでした。
そういうことに気づいたのも、mocoがある程度大きくなってからでした。
そう思って蘭ちゃんを見ると、蘭ちゃんも、気持ちが左右する子のようでした。母犬から離れて来るのですから、ベビーちゃんにとっては飼い主との心の距離が縮まることは、食欲にも影響するのですね。

人間だって、心理的な問題は、3大生理現象(食べる、眠る、排泄する)に影響するものね。

それと、
食べない日があっても、病気で無い限りうろたえない!!!
そういう飼い主の姿勢が、実は、一番大切なことかもしれない、とも思うようになりました。
mocoにいろいろ教えてもらったな〜。


こうして、蘭ちゃんは本当に良く食べるようになりました。
とても元気になり、体調も整って、元来のお茶目で人懐こい性格を取り戻すことができたようです。

なんだかとても嬉しい!

蘭ちゃんママに喜んでもらって、本当に嬉しい。

蘭ちゃんをこのまま我が家の子にしたいくらい情が移ってしまったけれど、でも、元気になるお手伝いができて、うちを巣立った後、自分のママのところに行って大丈夫になる姿を見守るのも、とても嬉しいことでした。
パピーウォーカーの気持ちがわかるような気がしました。


四葉 四葉 四葉

ところで、ホワイトプードルの蘭ちゃん

我が家に来たときは涙やけが目立っていました。

涙やけは、アレルギーや食物の成分が身体に合っていないことが原因である場合が多いのです。
涙やけ以外は元気なので身体に変調があると思ってもらえないのは、不運なことなのかもしれないのです。
涙やけがあってもよいけれど、なければ、ワンにとっても目の下の辺りがすっきりするのかもしれないですし。

涙やけは、当たり前のことではない のです。

蘭ちゃんの赤いドロドロの涙やけをみて、

俄然、ファイトの沸いた、

私、はなみずき。


蘭ちゃんが我が家にいた10日間、

フードの工夫をしました。


その結果です。バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
涙やけ対策@.JPG
涙やけ対策A.JPG
涙やけ対策B.JPG


フードを工夫するだけで、
たったの10日間で、結果が出た
exclamation×2

ますますきれいぴかぴか(新しい)になって、
蘭ちゃんママに、さらに喜んでいただくことができましたるんるん
本当に本当に嬉しいことでした。

身体の小さな子ほど、食べるものは本当に重要なんだな〜と思いました。

また、涙やけは手術するほどの重大な問題じゃないのかもしれないけれど、フードの工夫はやってみて損はないかもしれません。

どの子も同じなわけはないから、たまたまnanaと蘭ちゃんでうまくいっただけかもしれません。



【涙やけ対策の最新記事】
ニックネーム はなみずき at 18:57| Comment(8) | 涙やけ対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりに見るmocoちゃんちょっと肥りましたか?蘭ちゃんが居てよかったの?写真では解らないけど・・

お元気になられて良かったですね〜。私も安心いたしましたよ。これからはとってもいい季節mocoちゃんとお散歩楽しんでくださいね。この頃はお散歩コースをえきのほうまでいってます。逢えればいいなあと思いながら走っていますよ。フーフー良いながらマラソンしているんですよ。お互いに頑張りましょうね。
Posted by ひとつばたご at 2006年10月11日 21:07
3大生理現象☆
かんなは完璧です〜(笑)
でも涙やけがね…( ̄∇ ̄;)
かんなの場合フードはシニアの超小粒でないと食べれないし…
探して色々試しているんだけど中々消えません。
手作り食に問題が!?
この頃は諦めて顔バリするからいいや〜と…(^^ゞ
はなみずきさんはお忙しいのにmocoちゃんや蘭ちゃんのお世話も完璧ですごいです!
Posted by at 2006年10月11日 22:50
はなみずきさんお仕事もお忙しいのにエライわ!がんばりましたねぇ。

蘭ちゃん、なにもかもイイコトづくめだったようで何よりです。

ナミダ焼けはやっぱりフードに関係していると私も思います。チヴィッキーもウチにきたばかりの時はけっこうナミダ焼けしていましたが、フードをかえてからゼンゼン出なくなりましたよぉ。思い出すなぁ。
Posted by ∪。・ ェ ・。∪ワンコ at 2006年10月12日 08:02
はなみずきさん、本当に真面目にワンコのお世話をされるんですね。見習わなくちゃ。
今度お暇・・・はないでしょうけど・・・な時に涙やけの無くし方教えて下さいませんか?
お願いします。
Posted by オードリーママ at 2006年10月12日 16:16
*ひとつばたごさんへ*
ほんと、体調が戻ってきてよかったです。
ご心配をおかけしました。
mocoは肥ってないです。体重そのまま。
900gしかないちっちゃな蘭ちゃんと一緒に写っていると大きく見えるのかもね。

私は時々、どんどんどんの森に散歩に行きますよ〜。会えたら良いですね。

Posted by はなみずき at 2006年10月12日 21:43
*ちゃちゃさんへ*
かんなちゃん、涙やけあったっけ?
気づきませんでした。
成分だと思うのです。
手作り食で大丈夫なんでしょうけど、その成分の割合?
私の知人は、手作り食でホワイトトイプードルの涙やけを治しました。
材料なのかな〜〜????
Posted by はなみずき at 2006年10月12日 21:44
*ワンコさんへ*
はい、蘭ちゃんにとって良い滞在だったみたいで、とても嬉しいです。
フードって大切ですよね。
Posted by はなみずき at 2006年10月12日 21:46
*オードリーママさんへ*
オードリーママさんみたいなお手入れは、私はまったくできないんです。
できることって、食事の世話くらいです(汗)。
ドライフードを厳選するのがまず、肝要なことかな。。
nanaのハンドラーは例のNさんですが、Nさんにもお願いして、結局、nana用のフードを届けているんですよ。
Posted by はなみずき at 2006年10月12日 21:48