かわいいパートナーを愛する心を世界にも向けよう 「アニマルイタコ峰ハチヨのHP」 「放置された500頭の犬たち」をクリック                                                         かわいいワンコを社会の一員として育てる飼い主の意識向上に賛同しています。                                             かわいい人と動物がお互いを尊重しあって暮らせるような、高齢者にも障害者にも動物にもやさしいコミュニティづくりに賛同しています。                             

2006年12月20日

nanaの帰還

nanaアップ2.JPG
nanaです。

かわいいnanaです、帰還しました。実は月曜日に帰宅していました。

このたび、引退しました。
夏の怪我を引きずっていて、ショーの継続は困難と決断しました。
そもそも、ベビーちゃんの時から練習していたわけじゃないので
才能も無かったかもしれません。

ずっと家族と離れて、
ホグワーツの先生にかわいがってもらったとはいえ、
よく頑張ったね。
偉かったね。
これからは、moconana一緒に、仲良く楽しく暮らします。

リビングを独り占めしていたmocoシャンも、これから本当に姉妹として、リビングをシェアして暮らすのです。

新しい暮らし方をデザインしなくちゃexclamation

nanaのサイズに合わせてバリケンを買いました。
これからnanaのベッドとダイニングになります。
避難所にもなります。
心地良く、温かくしてあげなくちゃね。
P1110441.JPG
nanaは自宅ではバリケンの中でごはんエサを食べるように躾けることにしました。
mocoの食べるペースとあまりにも違うからです。
お互いのために。
mocoはほんの3〜5グラムずつしか1回に食べることができず、
朝食は2回に分かれます。
1回食べて、ちょっと休憩して、もう1回食べて、合計5〜8グラム程度。

   犬(足)こんなに少なくても元気なんだよな。
    病気ひとつしないし。
    だからもう気にしないで、
    これがmocoのペースなんだと理解するようになりました。


mocoがちょっと休憩している間に、nanaがmocoの代わりに完食してしまうので顔(ペロッ)

nanaはベビーのときに自宅でクレートトレーニングはほぼできていたし、ホグワーツでも自室で食事だったので、これは苦痛じゃありませんね。平気で食べてます。

   犬(足)バリケンの中でごはんを食べるのに慣れていると
       災害時の生活などのときに、
       余計な不安と負担をかけずにすむんですよね。
       mocoもこの点、躾をやり直したいな。

でも、nanaはまだ、「ハウス」のコマンドは覚えてない。これからだー犬(笑)

moconanaを時間差にするのがコツみたいです。

nanaの食べる様子を眺めるmocoバッド(下向き矢印)
nanaの食事を見るmoco.JPG
食事にあまり興味の無いmocoには、nanaのがっついて食べる様子が珍しいのかも。


フリータイムは二人で遊びます。
仲良くしようね1.JPG

ベビーちゃんのとき一緒だったから、違和感は無いね犬(笑)
仲良くしようね2.JPG


皆さんも、これからも、moconanaを、どうぞよろしくお願いします。


顔(イヒヒ)私はこれから本格的に多頭飼いの勉強と、我が家のライフスタイルに合わせた工夫をしなくちゃ。。。




ニックネーム はなみずき at 07:51| Comment(8) | 多頭飼い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする